--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.03.13

小梅懐石

小梅懐石。
意味もなく叫ぶ。解析です。

http://jisx6004.client.jp/data/koume/testmap.html

小梅というのはこちら
NICOLAはもともとハードウェアレベルでの実装だったためなのか、なぜか配列そのものをいじる人はほとんどいなかったと認識している。句読点の位置など、少しだけの改造や、中指ニコラと言うシフト方法自体を変えたものはあるが、親指2シフトのまま、文字の並びをいじった人は知らない。飛鳥はNICOLA由来ではない。

そんな中、10年来NICOLAを使い続けてきた生粋の親指シフター‘141F'氏が、とうとう、NICOLAの改良に乗り出した。僕はずっと不思議だった。なんでNICOLAそのものの改造をする人がこれほどいないのだろうかと。NICOLAは画期的な配列だが、僕からみると文字の並びにはまだまだ改良の余地があるように見えたから。実は配列をいじる人なんて世の中では超マイナーなのであって、いじらないのが普通なんだけどね。

公式サイトで詳細な解析がされているが、また別のサンプルで解析することにも意味があるだろうと、ひさしぶりにmassangeanaさんのスクリプトを動かした。いつの間にかjperlじゃなくても動くようになってたのね。

最初に言っておくと、これ多分間違ってます。なぜかNICOLAの打鍵数と1だけ違う。でもどこが間違ってるかどうしてもわからなくて、きっと大勢に影響はないだろうと、有り体に言えばめんどくさくなったのでこのまま公開してみる。間違ってるところ分かったら教えてください。

解析に使ったサンプルは「日本国憲法」「めくらぶどうど虹」「羅生門」「緋のエチュード」のいつもの4つと、日記系ブログから「男性の日記1編」「カタカナ語多めの女性の日記1編」を単純に足しあわせた44KBのファイル。当然、このサンプルも偏っているので鵜呑みにはしないでください。


さて、解析結果。NICOLAの名残はあるが、結構大きな改造になっている。

指の使用頻度。
狙いの一つはシフト率を下げること。NICOLAのシフト率44%にたいし、小梅は38%。有意に下がっていると言えるだろう。
各指の使用率は、狙い通り人差し指から小指に向かって綺麗に下がっていく。

2指の連続。
もうひとつの狙いである交互打鍵。NICOLA(54.1%)、小梅(56.8%)。確かに改善されているが、公式での紀行文による解析ほどの値は出ない。
小梅はVNMにそこそこ頻度の高い「は」「っ」「く」を置いている。下段とはいえここはぼくも打ちやすい位置だとおもう。同手跳躍が増えているのはこのせいかもしれない。同指異鍵はあまり変わらない。左手縦連はかなり減らせている。

すでにかなりの完成度だが、今後も改良されると言うことなので期待。俺は何様だ。
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://jisx6004.blog8.fc2.com/tb.php/59-e95eefe4
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。