--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.02.07

PLUM Keyboard

キーボードを買った。PLUMキーボードという格子状配列のモノ。前々からテンキーレスキーボードが欲しかったことと、送料込み$24.99と言う安さに釣られて衝動買い。1/25に本家サイトで注文し、今日届いた。http://www.plum.bz/

これだけ特殊なキーボードで、この値段なのでキータッチについては期待していなかったが、案の定しょぼい。いちいちシャカシャカと引っかかる。とりあえずスムースエイドを注文した。

僕はハードウェアとしてのキーボードオタでは無いので、このキーボードのハードウェア的な側面に関してはうまく説明できない。分かる範囲で書くと、まずは軽い。キーのサイズやピッチは多分フルキーボードと同じ。ストロークは浅く、ノートのパンタグラフか、それよりはちょっと深いぐらい。ラバーシートのメンブレンだろうと思っていたのだが、そうではないようだ。分解してないのでよく分からないけど(分解してもよく分からないので分解してない)。
plum_1.jpg


論理配列も独特で、これはこれで使いやすそうだ。が、英語配列まで変えるつもりは無いので繭でQwertyに変えよう。
スペースとエンター以外の全てのキートップは、印字以外全く同じモノのようなので自由に入れ替えられる。ちなみに印字はプリントなのかな? こすると削れそう。盲牌出来そうなぐらいくっきりしている。

カーソルキーまわりに印字のないキーがある。ちゃんと軸も付いていて打鍵できるが、キーコードは吐かないので繋がってはいないのだろう。

キーの引っかかり以外は僕にとってかなり理想的(欲を言えば真ん中でばっくり分割できればいいけど)なので、スムースエイドでどのぐらい改善されるか期待。
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://jisx6004.blog8.fc2.com/tb.php/49-5aaa6b7e
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
なんというか、非常に変わったキーボードですね。まともにPLUM配列(?)で習熟しようとすると、連想記憶に頼るあまりなかなかスムーズなタッチタイプになれないような気もするのですが、そのあたりはどうなんでしょうか。興味をそそられます。

あ、水を差すようで申し訳ないのですが、スムースエイドに過度の期待は禁物かもしれません。基本的にあれは滑りの悪くなった古いキーボードを蘇らせる、ということを目的としたアイテムのようにも思えます。逆にその慎ましさが「タッチを変えない」とマニアに好評な理由でもあるのですが。
Posted by Uジロー at 2006.02.08 00:24 | 編集
ん、そうなんですか。以前、スムースエイドを塗ったSpaceSaverKeyboard2を触らせてもらったことがあるんですが、大分良い感じだったので。ただ、このキーボードは引っかかりがあるので難しいかも知れませんねえ。ま、だめだったらグリスでもさします。
Posted by jisx6004 at 2006.02.08 00:31 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。