--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.01.17

シフト

シフトについて。

いろんな分類方法があるけども、僕がもっとも大きいと思うのは「キーのアップを見るか否か」だ。

キーのアップを見ないシフト方法は、ロールオーバー打鍵する。
キーのアップを見るシフト方法なら、しない。(タイプライター打鍵?)
打ち方が大きく変わる。

キーのアップを見るものでも、シフト率がそれほど高くない配列の場合は、シフト時以外はロールオーバーさせ、シフトの時だけさせないと言うこともあるけど。

キーのアップを見る場合でも、どのタイミングで見るかでまたかなり違ってくる。要するに「連続シフトするかしないか」

「親指か、それ以外の指か」。親指は他の四つの指に対向している。これに比べれば「中指か人差し指か、あるいは薬指か小指か」というのはあまり大きな違いではないだろう。

他に考えられるのは、「文字領域内にあるか、外にあるか」
「シフト専用キーか、兼用か」とかかなー。
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://jisx6004.blog8.fc2.com/tb.php/48-54a305fb
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。