--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.04.30

博多弁対応月配列

博多弁では助詞の「を」は使わない。「ば」を使う。
「ば」は対格の助詞以外にも「ばってん」「?ばい」として頻用するが、「ば」は打ちやすいので問題ない。

主格には「が」も使うが「の」も使う。古語では「ウチ」なる存在には「が」、「ソト」には「の」を使うという使い分けがあったらしいがそれに近いものが残っている。ex.)雨の降る。俺が見た。
「の」は今でも十分打ちやすいのでそのままで良いだろう。

音便をよく使う(これは方言・口語全般の傾向だと思うが)。
標準語の「している」が、多くの西日本方言では「しとる」「しよる」になるところ、博多弁では「しとう」「しよう」になる。同時にラ行の頻度が幾分下がるように思う。「だから」は「やけん」になる。

「?しなさい」が「?しんしゃい」、「してやれ」が「しちゃれ」等、「ゃ」の頻度も標準語より上がるだろう。「を」の代わりに「ゃ」を置いても良いかもしれない。あまり変わらんような気もするが。
熊本弁なら「ゃ」は優遇した方が良いかもしれない。ex.)どぎゃんもこぎゃんも。

「打ち消し」の「ない」は大抵「ん」になる。「ん」は打ちやすいのでそのままで。形容詞の方の「ない」は使うが、「なか」になる。
形容詞の終止形・連体形は「い」ではなく「か」になる(白か、綺麗か)。
その分「い」の頻度が下がりそうだが、文末の「ばい」「たい」として使うので実際には下がらない。

動詞は上一段活用と下一段活用が五段活用に合流する。(見らん、見ろう、見りきい、見る、見れ。Atok九州モードで「見ります」が一発変換できたのには驚いた)
が、これは配列に反映させるのは難しいだろう。全体的に頻度がばらけるだけなので。博多弁は「ら抜き言葉」問題とは無縁である。

「つぁーらん」「かっつぇる」等、「つぁ行」も標準語よりは使うが、配列に反映させるほどではないと思う。

「せんせい」が「しぇんしぇい」になるが、これは単に「せ」の「異音」であって「音素」としては「せ」である。表記、すなわち配列に反映させるべきではない。

結論としては、普通の月で問題ない。
スポンサーサイト
Posted at 01:05 | 鍵盤 | COM(0) | TB(0) |
2006.04.21

いろいろメモ

phobosは全然進んでない。かな部分だけは使ってるけど。拗音は大分打てるようになった。楽。しかし特殊拡張っぽいやつは「おもう」を除いて全然使わない。
Atokの省入力候補機能が便利すぎる。漢字をのせるモチベーションがそがれる。
繭はやはりLockまわりで手間取っている。頭が混乱する。
やっぱ月は楽だ。シンプルであるというのは大きな利点だと思う。


月紹介ページに、初めての人、迷っている人のためのQ&Aを作りたいと思う。例えば

Q.カナ配列はアルファベットが打ちにくくないか?
A.菱を使うにしてもローマ字カスタマイズするにしても、サイドシフト(小指で押す普通のシフト)を押しながらでアルファベットの大文字が出せます(CapsLockがかかっているとき)。
「?」や「!」などの記号も同様に、サイドシフトで出せますからローマ字と同じです。


こんな感じで。もうちょっとすっきり書きたいが。配列に手を出そうと思う人は月のどういうところに引っかかるだろうか。かえでさんの言ってた「新JIS系統はシフト方式などで選択肢がある」と言うのもうまく入れたい。こういうのはどうだろう、と言うのがあれば教えて欲しい。使用者非使用者にかかわらず。

2-263の、MS-IMEとAtokのローマ字カスタマイズ対応最小改変版定義ファイルも用意しておきたい。


もっとなにかメモしようと思ってたのだが忘れた。そのうち思い出すだろう。
Posted at 00:34 | 雑記 | COM(2) | TB(0) |
2006.04.16

漢字定義ファイル

ganymedeで使うkeyseqの定義をうぷっておく。
FC2Blogには1ファイル250KBの制限がある。これは243KBだ。
unicode.mayu

記号類を定義するのに使えると思う。もしくはロシア語キーボード作ったりとか。
いる部分だけ抜き出して使ってください。半角英数や制御コードもその気になれば定義できるが、意味がなさそうだし危険かもしれないのでやめておく。

"$Kakutei &Sync"の部分は、キー操作の定義次第で要らなくもなるので、その場合は削ってください。

これを丸ごと使って漢直を書こうという酔狂な人がいたら一つ注意点を。キー操作の設定ファイルを別に作って、そこからincludeするという使い方は出来ない。キー操作の設定ファイルで
key *A = $月
と言うような定義を書くとする。「$月 なんていう定義ないよ」というエラーが出ると思う。多分ファイルが大きすぎてincludeが終わる前に繭が key *A = $月 の行を見てしまうからだと思う。

なので、includeではなくこのkeyseqの下に、キー操作の定義を書いていった方が安全だろう。続きを読む
Posted at 17:01 | | COM(0) | TB(0) |
2006.04.15

phobos : 漢字をどうのせていくか

漢字をどう置いたものか。悩む。

センターシフトで漢直モードにはいることにした。それしか思いつかん。送りがなのことも考えて、漢直モードに入ったら以降はひらがなも確定で入力していく。かな漢に復帰するにはひらがなキーを押す。「IME-on」、「入力文字種全角ひらがな」と同じキー。

カタカナもどうするか。モード用のキーが足りない。

使うかどうかは別にして、とりあえずJIS第一水準を、ひらがなカタカナ記号やキリル文字等々全部keyseqに登録した。

keyseq $、 = $Kakutei &Sync &PostMessage(ToItself,0x0102, 0x3001 ,0)
keyseq $亜 = $Kakutei &Sync &PostMessage(ToItself,0x0102, 0x4E9C ,0)
keyseq $唖 = $Kakutei &Sync &PostMessage(ToItself,0x0102, 0x5516 ,0)

こんなのが3500行並ぶ。phobosの漢直部だけを独立してcode name : Ganymedeとする。太陽系で最大の衛星。

読み込みに数秒がかかる。C-vだと書き込めない場面が多そうだしクリップボードが死ぬので、WM_CHAR(0x0102)を使うことにする。WM_IME_CHAR(0x0286)との違いはよく分からない。WM_CHARでも書き込めないことがありそうだが繭だと仕方ない。これで困ることがあればウインドウクラスによってC-vと使いわけることも出来なくはないな。読み込みにさらに時間かかるが。

みのりさんとこによると繭姫ではSendInputやImmSetCompositionStringとやらも使うらしい。誰かそういうコマンドが送れるプラグイン作ってくれないかな。あと、「よろしければ」で晒されてるcanaco.exeの繭対応版も。

canaco.exeってのは、まじかるキーボードのように、画面にキーレイアウトを表示するソフト。シフトを押してないときと押してるときで表示を変えることが出来る。ある程度のカスタマイズ性もあるので、新JISぐらいなら対応可能だと思う。

4/16 追記
canacoが前置シフトにも対応になった。すごい。言ってみるもんだ。



しかし繭で配列いじってる場合、繭独自のロックやモディファイア、ワンショットモディファイアは他のソフトからはどうなっているのか分からない。キーコードが出てるわけでもないから。なので対応するとなると繭プラグインと表示アプリの2段構えになると思う。
繭には&DirectSSTPってコマンドもあるので、シンプルなSSTPクライアントがあればそれでも良いのかなと思って探してみたが見つからなかった。

無いものは仕方ないので、&HelpMessageのお世話になると思う。


技術的な部分は繭頼みでどうにかなりそうだが、さて、いったい漢字をどう置いていけば良いだろうか。ちまちま置いていくとは言ったものの、あんまりデタラメだと覚えられそうにないし。じゃないとかな漢でいいやとなってしまう。そうそう使わない漢字はかな漢で良いか。その為の併用だな。

ワンショットモディファイアシフト配列は、はっきり言って打ちづらい。その代わりあらゆる単打に文字が置け、3つのキーがあれば15種も定義できる。(キーのアップも複雑に見ることにするともっと定義できるがさすがにそこまではしなくても良いと思うし難し過ぎるだろう。)
プリフィクスな月の対極だ。

定義可能数がアホみたいに多くて、完全な漢直ほど多数の漢字を乗せないとするなら、例えば「思う」の「思」と、「思考」の「思」で別のストロークを与えることも出来るし、「思考」そのものにストロークをあてたって良い。「熟直(PAT.PEND)」だ。用言の語幹に1動作、活用に1動作を当てることも出来る。しないと思うけど。


さすが妄想配列だけあってネタは沢山あるのだが実装は進まない。
Posted at 23:54 | 鍵盤 | COM(8) | TB(0) |
2006.04.13

斜に構える

新JIS系の「です」、意外といろんなところで話題になるのでちょっとびっくりです。
僕としては重要度なりの相応しい位置にあると思うのですが、どういう運指が打ちやすくてどういう運指が打ちにくいのかは、キーの物理配置(キーボードごとの特性)や、手の置き方にも左右されます。

手首のひねりを使わず、指の曲げ伸ばしだけで打鍵動作を行うとしましょう。このとき、普通のキーボードなら右手部はいわゆるハの字(八の字)姿勢のとき、指・手首・肘が一直線に並びます。
それに対して、左手部を指の曲げ伸ばしのみで打とうと思えば手首を内側に
捻り込まなくてはなりません。

キーボードが左右対象じゃないんですから、それに向かう姿勢を左右対称にする必要はありません。右手はハの字っぽく開き気味に、左手は直角かいっそ逆ハの字ぐらいの気持ちで。そうすると、簡易的に格子状配列キーボードっぽくなりますよね。
体がキーボードに対して平行ではなくなります。体の向きを変えるか、キーボードの左側を奥に押しやるように置くことになります。左右の肘の曲がり具合も変わるかも知れません。


言うほど極端にではありませんが、僕の場合心持ちこんな感じで使ってます。気がつくとそう言う姿勢を取っているというか。手首の位置はあんまり変えず、右手の指を左手よりも立てて。

これで多少は、RX(僕の月では「です」はRLX)も楽になります。でも変な姿勢なので肩が凝るかも知れません。

phobosだと「です」はLX、「ます」はKXですので、今後僕のブログも「ですます調」が増えるでしょう(゚∀゚ )

Posted at 20:56 | 鍵盤 | COM(0) | TB(0) |
2006.04.11

繭Tips 第5回 同時打鍵 (または窓使いの憂鬱プログラミング?)

いままでアウトライン機能って使ったこと無かったんだけど、秀丸βで実装されたので使ってみる。いやー、これは便利ですな。mayuファイルの体裁を整えてみる。がっつり色分けもしてるんで分かりやすい。
hidemaru.png


ロックを沢山使っての同時打鍵を最近見かけます。ytqwertyさんとこの弥生配列だとか、wineさんとこの下駄その他。
正直、あれ、設定ファイル見てもさっぱり分からんです アウトラインと色分けを駆使しても。あれを理解できる人はすごいです。もう、ロックがずらずら並んでるの見ただけで脳が拒否反応を。なにしろ僕は文系でも理系でもなく、脳筋(Brain-Brawn ©Ann MacCafferey)系です。

と言うわけで、昔ながらの多段Prefixで計算機(?)を作ってみました。長いので設定は<続きを読む>に書きます。

A S D F にそれぞれ 1 2 4 8 を与えて、同時打鍵で足し算結果を吐きます。A+Sなら1+2で3。さらにFを追加で押すと、3が消されて11が表示されます。4つ全部押せば15になります。
続きを読む
Posted at 20:45 | | COM(2) | TB(0) |
2006.04.10

続・続妄想配列 phobos

作りかけた2シフト新JISのコードネームがdeimosだったので、今回はphobosとしておく。意味は恐怖。
同時打鍵+ワンショットモディファイア+トグルシフト。

頻出するのに打ちにくいと言う文字並びがあれば、理屈の上ではどんどん拡張出来るのが利点。頭がついていくかどうか。
意図せぬロールオーバーが最大の敵。

「B行」の3鍵同時打鍵はなくなった。
拗音シフトが下駄とは違うものに。あと「ふぁ」「ふぃ」「ふぇ」「ふぉ」「てぃ」「でぃ」ぐらいは載せるかも。


<単打>
そこして、 つきいのりー
はかもとた くうまでんれ
けすになさ っるちが゜・

<対手中指同時打鍵>
ぁひほふめ ぬえみやぇ「
ぃをらあよ ぐおらわゆ」
ぅへせゆ? むろね?ぉ

<対手薬指同時打鍵>
ぞごじぶぼ づぎ○○○○
ばびわどだ ○ヴをび○○
げずぜべざ ○○ぢ○○○

<拗音シフト>
O-R,F,V きゃ行
O-T,G,B ぎゃ行
I-R,F,V しゃ行
I-T,G,B じゃ行
;-R,F,V ちゃ行
;-T,G,B にゃ行
;-E,W,Q ひゃ行
O-E,W,Q みゃ行
I-E,W,Q りゃ行
P-R,F,V びゃ行
P-E,W,Q ピャ行

<特殊拡張>
?B-K 「phobos」
 K-B 「はいれつ」
 
?D-Period 「ぼく」
 Period-D 「わたし」

D+J-K 「おも」
D+J-K-L 「おもわ」
D+J-K-J 「おもう」
Colon-J 「れば」
G-H-I 「ください」
S-G 「だから」
G-S 「だけど」

半濁音は同時打鍵。/+a,w,r,x,e
Tは句点と読点のトグル。多分廃止する。
センターシフト+ピリオドコンマでも句読点。
※特殊の「です」「でしょう」は廃止した。普通に打っても打ちやすい。

phobos0410.mayu
Posted at 22:16 | 鍵盤 | COM(0) | TB(0) |
2006.04.09

続・妄想配列

前回記事の妄想配列をいちぶだけ実装してみた. かなり半端だけど.

<単打>
そこしてょ つんいのりー
はかもとた くうらできれ
けすになさ っる、を゜・

<対手中指同時打鍵>
ぁひほふめ ぬえまやぇ「
ちらもあよ みおもわゆ」
ぅへせ○ゃ むろね○ぉ

<対手薬指同時打鍵>
ぞごじぶべ
ばがわどだ ぐ○○○ぎ
げずぜ○ざ

<対手上段中指(I,E)シフト> IE先押し
○キュ○シュリュ
○キョ○ショニョ
○キャ○シャリャ

<対手上段薬指(O,W)シフト> OW先押し
○ギュ○ジュニュ
○ギョ○ジョニョ
○ギャ○ジャニャ

・連続シフトはしない.
・中指、薬指の下段シフトも拗音で使う予定.WEシフトは使わないかも.
・l-k です
・d+i-j ます
・「おもわ」「おもう」は連続シフトする.
・「び」「べ」「は3鍵同時打鍵
・Tの「ょ」は、カナめくりシフト.連打で「ょ」->「ゅ」->「ゃ」->「ょ」(ループ) いずれは廃止するかも.
・センターシフトで英数小文字
・サイドシフトで英数大文字


+は同時打鍵、-は押しながら、を意味する.
今のところは劣化下駄.拗音はかなり下駄のパクり.
なぜか句点がない. センターシフト+periodで英数periodが出せるのでそれでしのぐ.
スクリプトには頼れそうにないので感覚で作っていく.
他人が使える配列にはなりそうもない.

繭では、シフトに使えるキーの数がLockの数に制限されると思ってたけど、やってみたらLockは一個しか使わなくても問題なかった.


下駄のkouyさんは意図せぬロールオーバーに悩まされることはないと言うことだが、私は今のところロールオーバーかかりまくり. なので当面はそれも考慮して影響が少なくすむように配置していく. KDの良いところに「も」「ら」が来たり、拗音が同時打鍵ではないのもそのため.

拍とは別に、音節という考え方がある.
「こうこうせい」は6拍3音節と数えることが出来る.おおざっぱに言えば漢字音ひとかたまりを一つの単位と感じることがある.で、そう言う音は打鍵もはやくなりがちで、「こう」「ない」「はく」なんかはロールオーバーしがちになる.特に、左右一打ずつで終わりが「いんうっ」の場合.kouyさんはよくロールオーバーしないで打てるなあ.しかもGeniusとか行ってるし.続きを読む
Posted at 20:58 | 鍵盤 | COM(2) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。