--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.03.17

妄想配列

・頻度の高いかなは1鍵。
・頻度の低いかな、濁音半濁音は2鍵同時打鍵。

ここまでは姫踊子草や下駄と似たような感じ。
さらに、ステノワードや速記系タイプのように

・拗音絡みは3鍵もしくはそれ以上同時。
・頻出の文字のならびは2鍵もしくはそれ以上同時打鍵。

そしてさらに

・漢字は2鍵もしくはそれ以上同時打鍵。

親指キーはスペースだけを用い、最大8鍵同時打鍵。理論上は9鍵同時打鍵も存在できるのだが、僕のキーボードでは8鍵までしかロールオーバーできないので。


一応繭でやれないことはないが、設定ファイルが恐ろしく大きくなるだろう。いつかは作ってみたいものだ。
スポンサーサイト
Posted at 01:01 | 鍵盤 | COM(0) | TB(0) |
2006.03.15

小梅とdeimos

前回のサンプルは全部つなげた乱暴なものだったので、4種それぞれで解析し直した。
http://jisx6004.client.jp/data/koume/index.html

憲法。
右手の頻度が高い。NICOLAの交互打鍵率が伸びる。

めくらぶどうとにじ。
今度は左の方が若干高い。硬い文章だと右手なのだろうか。小梅の交互率は憲法とあまり変わらないのだが、NICOLAの交互率が大分下がるので、小梅の方が高くなる。

羅生門。
右手は中指より薬指・小指の方が頻度が高くなる。羅生門は句点が多いようだ。

緋のエチュード。
これでだけ、Hキーの頻度が上がる。憲法と羅生門では全く使わない。「ぺーぇ」なので実質外来語専用キーだ。


deimosは、作りかけの親指2シフト新JISのコードネーム。1シラブルをなるべく一気に打ち切れるように、と思ってたが、現状はなんとも中途半端。「ゅゃ」を表に出すのは難しい。
新JISベースで行くなら、以前僕がやってた親指1シフト+濁点(右薬指)シフト同時打鍵のほうがいいかもしれない、最大3鍵同時打鍵だが。でなければ下駄か。
Posted at 00:21 | 鍵盤 | COM(0) | TB(0) |
2006.03.13

小梅懐石

小梅懐石。
意味もなく叫ぶ。解析です。

http://jisx6004.client.jp/data/koume/testmap.html

小梅というのはこちら
NICOLAはもともとハードウェアレベルでの実装だったためなのか、なぜか配列そのものをいじる人はほとんどいなかったと認識している。句読点の位置など、少しだけの改造や、中指ニコラと言うシフト方法自体を変えたものはあるが、親指2シフトのまま、文字の並びをいじった人は知らない。飛鳥はNICOLA由来ではない。

そんな中、10年来NICOLAを使い続けてきた生粋の親指シフター‘141F'氏が、とうとう、NICOLAの改良に乗り出した。僕はずっと不思議だった。なんでNICOLAそのものの改造をする人がこれほどいないのだろうかと。NICOLAは画期的な配列だが、僕からみると文字の並びにはまだまだ改良の余地があるように見えたから。実は配列をいじる人なんて世の中では超マイナーなのであって、いじらないのが普通なんだけどね。

公式サイトで詳細な解析がされているが、また別のサンプルで解析することにも意味があるだろうと、ひさしぶりにmassangeanaさんのスクリプトを動かした。いつの間にかjperlじゃなくても動くようになってたのね。

最初に言っておくと、これ多分間違ってます。なぜかNICOLAの打鍵数と1だけ違う。でもどこが間違ってるかどうしてもわからなくて、きっと大勢に影響はないだろうと、有り体に言えばめんどくさくなったのでこのまま公開してみる。間違ってるところ分かったら教えてください。

解析に使ったサンプルは「日本国憲法」「めくらぶどうど虹」「羅生門」「緋のエチュード」のいつもの4つと、日記系ブログから「男性の日記1編」「カタカナ語多めの女性の日記1編」を単純に足しあわせた44KBのファイル。当然、このサンプルも偏っているので鵜呑みにはしないでください。


さて、解析結果。NICOLAの名残はあるが、結構大きな改造になっている。

指の使用頻度。
狙いの一つはシフト率を下げること。NICOLAのシフト率44%にたいし、小梅は38%。有意に下がっていると言えるだろう。
各指の使用率は、狙い通り人差し指から小指に向かって綺麗に下がっていく。

2指の連続。
もうひとつの狙いである交互打鍵。NICOLA(54.1%)、小梅(56.8%)。確かに改善されているが、公式での紀行文による解析ほどの値は出ない。
小梅はVNMにそこそこ頻度の高い「は」「っ」「く」を置いている。下段とはいえここはぼくも打ちやすい位置だとおもう。同手跳躍が増えているのはこのせいかもしれない。同指異鍵はあまり変わらない。左手縦連はかなり減らせている。

すでにかなりの完成度だが、今後も改良されると言うことなので期待。俺は何様だ。
Posted at 02:27 | 鍵盤 | COM(0) | TB(0) |
2006.03.12

Qwertyちょっとだけ改造

qwert yuiop
asdfg hjkl;
zxcvb nm,./

Aが左小指にあるのは問題なのでこれを動かす。左人差し指ホームがfではもったいないのでこれと入れ替えよう。ハイフンはセミコロンに置く。

qwert yuiop
fsdag hjkl-
zxcvb nm,./

これだけでも大分マシじゃなかろうか。

さらに欲張って、下段率を下げる。

qwerf juiop
dstag hykmn
zxcvb -l,./

こんなにいじるなら、初めから日本語入力専用配列使った方が良いな。続きを読む
Posted at 16:28 | 鍵盤 | COM(0) | TB(0) |
2006.03.12

菱とQwerty

菱用のQwertyローマ字(風?)設定ファイルを書いてみました。
http://jisx6004.client.jp/hishi/hishi.html
果たして存在意義があるのかが問われるところ。

特徴としては、子音が表示されません。sya等、拗音絡みを打つとき、syの時点で「し」が入力されるのは仕様です。子音を重ねたとき、母音を打つ前に「っ」になるのも仕様。そうしないとシフトが足りなくなるので。

今後も菱で実装できるものに関してはぼちぼち設定ファイルを充実させていきたい所存です。こんなの書いてるよ、とかあれば教えていただけると幸いです。コンセプトは手当たり次第。

ただしM式とナラコードは(実装できるかどうかは別として)権利とか絡むっぽいのでやめときます。
Posted at 13:01 | 鍵盤 | COM(0) | TB(0) |
2006.03.06

computerとkonpyu-ta-

ローマ字入力の欠点の一つとして、原綴りとカタカナ語入力用綴りとの乖離がある。
blog burogu
computer konpyu-ta-
information infome-syon

僕が右のように打とうとすると、ブログはなんとかいけそう。
konpyu-までは根性でいくが、そこで気が抜けて最後がterになってしまう。
infoまで同じなので、ついそのままmationと打ってしまう。rが落ちる。

と言う結果になりそうだ。もちろん、普段からローマ字でなれている人の場合は僕ほど混乱はしないだろうけども。

さて、最近のAtokはシステム辞書などをテキスト出力することは出来なくなった。が、省入力辞書データならば、ごにょごにょすればテキスト出力することが出来る(普通は出来ないようになっている)。どうごにょごにょすればいいかはAtokスレに出ているが、ここでは詳しく書けない。

この方法を使って、英単語省入力データをテキストに吐き出す。すると

blog blog
computer computer
information information
このようになる。これをスクリプト等を使って

bぉg ブログ 名詞
cおmぷてr コンピュータ 名詞
いんふぉrまちおn インフォメーション 名詞

と書き換え、辞書として登録する。
「cおmぷてr」と入力して変換すると「コンピュータ」に変換されるわけだ。語末の子音、特にnの関係でもう少しいじる必要はある。「いんふぉrまちおn」と「いんふぉrまちおん」の両方を登録した方が良いだろう。

実際には自分が使う可能性のあるカタカナ語だけを登録すればいいので、思いつく限りしこしこと登録しても良いし、Atok17(17までは合法的に辞書をテキスト出力できた)のシステム辞書のうち、カタカナ語の所だけを書き換えても良いのだが。
Posted at 01:37 | 雑記 | COM(0) | TB(0) |
2006.03.02

かっこ(超思いつき)

(や「や[を打つと、自動的に)や」や]が入力され、そして速やかに左に戻る、つまりカッコの中にカーソルが入る、というのはどうだろうか。

key at = $「 $」 Left
key S-_8 = S-_8 S-_9 Left
key *S-*LSB = *LSB *RSB Left

案外悪くないかも。Html用やプログラム用のエディタでは見かける機能だけど、繭でやればどんな状況でも使えるのが便利。

確定後自動的に外に出る、と言うのも出来ないことはないな。
keymap Global
key IL-L5-*S-*LSB = *LSB *RSB Left &Toggle(lock5,on)
key IL-L5-*Enter = Enter Right &Toggle(Lock5,off)
出来ないことはないが、微妙。
Posted at 22:12 | | COM(0) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。