--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.12.31

繭Tips 第6回の補足

前々回の繭Tips 第6回で、テンキーについて書いた。
さて、実際に使ってみると不具合が。押しっぱなしでリピートさせると2回に1回しか機能しない(つまり、標準の半分の速度になる)。ロールオーバー入力が出来ない。

後者はかなり痛い。解決法として、&Prefixを使う方法を思いついたけどもまだ書いてはいない。

と言うわけで、やっぱりハードウェア対応している場合はそれに頼った方が楽だと言うことで。

mayuで出来るんだったらmayuでやった方が色々と融通が利くので、いずれまた書きます。
スポンサーサイト
Posted at 18:55 | | COM(0) | TB(0) |
2006.12.22

繭Tips 第7回 SandSじゃないSandS

Mod Shift += !!Space

言わずと知れたワンショットモディファイア。この場合はいわゆるSandSだ。使っている人は結構いると思う。

しかしこれをやっている人でも互換性の問題から左右のシフトを残している人が多いんじゃなかろうか。その場合、シフトが3キーになってもったいない気もする。

そこで、センター(スペース)にもサイドにもShiftの機能を持たせておいて、両方押すとまた別のモディファイアになるってのはどうだろう。

どういうことかというと、例えば
サイドシフト+a で"A"
センターシフト+a でも"A"
サイド+センター+a なら"1" と言う具合。

サイドシフトはそのままにしておき、センターには繭のMod1を割り当てることにしよう。
そして、M1が効いているときに他のキーが押されれば、Shiftが押されているときと同じ動作をするようにする。

Mod Mod1 = !!Space

key M1-* =
key a = S-*a
key b = S-*b
key c = S-*c
key d = S-*d
   ・
   ・
   ・

そして、M1(スペース)とShiftの両方が押されている場合も定義する。

key M1-S-* =
key a = *_1
key b = *_2
key c = *_3
key d = *_4
   ・
   ・
   ・

3鍵押しなのでそうそう使えないが、記号だけ割り当てるなんていうのは悪くないかも知れない。あるいは、日本語入力中にセンターシフトまたはサイドシフトで英小文字と数字、センター+サイドで英大文字と数字段シフト側の記号など。
Posted at 00:11 | | COM(0) | TB(0) |
2006.12.20

繭Tips 第6回 テンキーとNumLock

普段はデスクトップなのだが、仕事でどうしてもノートを使う必要が出来たので使い始めた。東芝のダイナブック。余計なプリインストールアプリも富士通などに比べれば少なく、概ね良好なのだが唯一の不満はスペースキーが左に寄りすぎていること。無変換が打ちにくい。無変換を文節確定とMod0(カーソルやウインドウの移動)にあてているので多用するのだが。さすがに左手は左に一列ずらせないしなあ。

で、ついでにテンキーも買った。まあそんなには使わないんだけどあればあったで使うかなあと思って。

テンキーにはNumLock問題というのがある。ノートPCの右手部分は、NumLockがかかると数字入力が出来るようになる。
で、これのどこが問題かというと、テンキーから数字を入力するときはNumLockを掛けなければならない。じゃないと「Home」「↑」「PgUp」などが入力されてしまう。
テンキーで数字を入力するためにNumLockを掛けると、フルキーボードの右手側も数字入力になってしまう。

今販売されているテンキー、ほとんどが「NumLock問題対応」と謳われていると思う。対応法は大きく二つ。


  1. テンキーからの入力は、フルキーボード数字段をエミュレートする。

  2. テンキー独自のNumLockを持たせる。


僕の知る限り、以前は1.の対処法が多かった。最近は2.が多い。

1.にはいくつか問題点がある。まず、かな入力(旧JIS)で数字入力が出来ない。「123」と打っても「ぬふあ」と入力されてしまうので。また、かな入力でなくても、例えばIMEの設定で「テンキーからの入力は必ず半角」としていても有効にならない。テンキーから送られるのがフルキー数字のキーコードだから。

最近よく見るようになった2.のタイプ。1.の場合もそうだが、テンキー自体が独自NumLockを持つ。独自NumLockが掛かっているときに、なにが起こっているのだろう。

mayuで調査してみると

NumLock
Num1
NumLock

テンキーが押されると、一瞬NumLockをかけ、数字を入力。そして速やかにNumLockを外す、と言うことがされていた。

この方式だとかな入力でもローマ字入力でも問題なくちゃんとテンキー側のキーコードで入力できる。


やってることは単純なので、同じことをmayuでやってみよう。
繭のLockを使って独自NumLockを作る。

key NumLock = &Toggle( Lock0 )

key L0- =
key Num1 = NumLock Num1 NumLock
key Num2 = NumLock Num2 NumLock
       ・
       ・
       ・
key NumEnter = NumLock NumEnter NumLock


1.のタイプでも、独自NumLockを掛けていないときはテンキーのコードが送られていると思う。この設定をすれば、1.のテンキー使用者も、「テンキーからの入力は半角英数固定入力で」を有効に出来る。


続きを読む
Posted at 22:36 | | COM(0) | TB(0) |
2006.04.16

漢字定義ファイル

ganymedeで使うkeyseqの定義をうぷっておく。
FC2Blogには1ファイル250KBの制限がある。これは243KBだ。
unicode.mayu

記号類を定義するのに使えると思う。もしくはロシア語キーボード作ったりとか。
いる部分だけ抜き出して使ってください。半角英数や制御コードもその気になれば定義できるが、意味がなさそうだし危険かもしれないのでやめておく。

"$Kakutei &Sync"の部分は、キー操作の定義次第で要らなくもなるので、その場合は削ってください。

これを丸ごと使って漢直を書こうという酔狂な人がいたら一つ注意点を。キー操作の設定ファイルを別に作って、そこからincludeするという使い方は出来ない。キー操作の設定ファイルで
key *A = $月
と言うような定義を書くとする。「$月 なんていう定義ないよ」というエラーが出ると思う。多分ファイルが大きすぎてincludeが終わる前に繭が key *A = $月 の行を見てしまうからだと思う。

なので、includeではなくこのkeyseqの下に、キー操作の定義を書いていった方が安全だろう。続きを読む
Posted at 17:01 | | COM(0) | TB(0) |
2006.04.11

繭Tips 第5回 同時打鍵 (または窓使いの憂鬱プログラミング?)

いままでアウトライン機能って使ったこと無かったんだけど、秀丸βで実装されたので使ってみる。いやー、これは便利ですな。mayuファイルの体裁を整えてみる。がっつり色分けもしてるんで分かりやすい。
hidemaru.png


ロックを沢山使っての同時打鍵を最近見かけます。ytqwertyさんとこの弥生配列だとか、wineさんとこの下駄その他。
正直、あれ、設定ファイル見てもさっぱり分からんです アウトラインと色分けを駆使しても。あれを理解できる人はすごいです。もう、ロックがずらずら並んでるの見ただけで脳が拒否反応を。なにしろ僕は文系でも理系でもなく、脳筋(Brain-Brawn ©Ann MacCafferey)系です。

と言うわけで、昔ながらの多段Prefixで計算機(?)を作ってみました。長いので設定は<続きを読む>に書きます。

A S D F にそれぞれ 1 2 4 8 を与えて、同時打鍵で足し算結果を吐きます。A+Sなら1+2で3。さらにFを追加で押すと、3が消されて11が表示されます。4つ全部押せば15になります。
続きを読む
Posted at 20:45 | | COM(2) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。